【生配信】10/21(水)第11回チャリティライブ

第11回キッズファム・チャリティライブを開催いたします。


前回に引き続き今回も、新型コロナウイルス感染を考慮して、♬ライブ生配信♬お届けいたします。

【日時】2020年10月21日(水) 15:00-15:40

今回は、植松透さん(パーカッション)と植松葉子さん(横笛)と高屋敷庄一さん(ピアノ)による演奏です。♬
素敵なお庭から配信の予定です。
緑豊かな自然を背景に、心温まる演奏をお楽しみください。
ラストに、キッズコーラスもあるそうです。

↓当日、こちらから動画をご覧いただけます。無料ですが、Facebookアカウントが必要です。

https://www.facebook.com/pg/KidsFam.or.jp

※事前に、こちらのキッズファム財団のFacebookページをフォローしていただけると、当日お知らせが届きます。お知り合いにも、ぜひシェアしてください!

後日、YouTubeにて配信もいたします。「キッズファム財団」で検索してください。

【プロフィール】
植松透(パーカッション)

NHK交響楽団首席ティンパニ奏者。東京都出身、国立音楽大学、同大学院を首席で修了。N響海外派遣員としてベルリンに留学。オーケストラ活動はもちろん、国内外の音楽祭・ワークショップに多数参加、ソリストとしてもN響と度々共演、昨年はP.グラスのティンパニ協奏曲を共演しN響定期公演ベストソリストに選出される。また幼児と音楽の関わりを打楽器の視点から捉える研究も長年続けており、主宰する「たいこアンサンブル・トムトム」は全国の幼稚園や特別支援学校、被災地などで活動を展開、この経験をもとにティーチングアーティストとしてN響・九響・群響との共演、ピタゴラスイッチ、ムジカピッコリーノなどETVの教育番組にも数多く出演。子どもたちとともに心に残る音楽作りを目指している。

植松葉子(横笛)

京都市生まれ。国立音楽大学器楽科卒業。のちに東京芸術大学邦楽科別科にて能楽囃子を学ぶ。国指定重要無形民俗文化財に指定されている、江戸里神楽・若山社中の囃子方を経て、現在は横笛演奏者(篠笛・能管)として様々な活動を展開している。小平の雑木林で、毎年春と秋に行われる『月夜の幻燈会』では音楽制作と演奏を担当しているほか、創作竹楽器パフォーマンス集団・東京楽竹団のメンバーでもある。2016年には楽竹団から、CD「竹ノオト」をリリース。ヨーロッパやアジアなど、海外での公演にも多く参加している。2013年双子の女児を出産後、自然の中での子育てを望む気持ちが強くなり2019年春に、住まいの拠点を埼玉県ときがわ町に移し、同年5月にときがわ町と世田谷・桜丘に、音楽ひろば『ミュージックガーデン植松』を同時オープンする。

高屋敷庄一(ピアノ)

東京都出身。15歳より打楽器とピアノを始める。洗足学園音楽大学で打楽器を専攻し、卒業後から現在に至るまで、マリンバソロ、オーケストラなどの分野で活動を行う。その一方で、ピアニスト・作編曲家としても、演劇、朗読、パントマイムなどの舞台音楽も多数手掛ける。また、自身のユニットである、卓上木琴とピアノのデュオ「odorata」(オドラータ)でもピアノの作曲を担当。現在までに2枚のCDを制作している。

第10回チャリティライブの動画は、こちらからご覧いただけます。

~今後の開催予定~
12月16日・2月17日
15:00-15:40
偶数月の第3水曜日に開催いたします

当財団の活動は、皆様からのご寄付(年会費)で賄われています。皆様のご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。