KidsFam通信 No.2(ページ8)

おかげさまで…
みなさまに愛される
街角の募金箱

街角の募金箱 KidsFam 財団発足当初から深いご理解を頂き、募金箱を設置して下さっています国領駅前の津田整形外科様をご紹介します。
 患者様の中には、お釣りや、ご自宅の貯金箱を持参して定期的に募金下さる方もいらっしゃるとのこと。院長先生はじめスタッフの皆様、患者様の温かいご支援に心から感謝申し上げると共に、皆様のご芳志を今後の財団活動に有意義に活かして参りたいと思います。

編集後記

 秋空の美しい季節になりました。KidsFam 通信2 号をお届けいたします。
 KidsFam 財団が立ち上がって1 年数ヶ月が経ちました。日頃よりご支援を頂いております皆様に、財団の活動内容をお知らせし、より身近に感じて頂けますようにとの思いを込めて通信を作りました。事業や活動の内容をご理解頂き、更なるご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
 ご多用の中、原稿をお寄せ頂きました皆様に深く感謝申し上げます。通信にこのような記事を!というリクエスト、ご感想もお待ちしています。