KidsFam通信 No.1(2017年3月発行)

キッズファム財団 活動報告

昨年6月にキッズファム財団が設立され、はや半年がたちました。多くの方々からあたたかいご支援を得て、さまざまな活動
が進められています。皆さまから頂戴したあたたかいご理解とご協力にあらためて厚くお礼申し上げます。
これまでの財団の活動の様子をご報告するとともに、医療的ケアを必要とする子どもをかかえるご家族の声や現場で働く
医療従事者・ボランティアの声などをお届けいたします。どうぞご一読ください。

利用料支援

子どもホスピス等の利用料金の一部を支援する事業です。2016年12月末までに、104人の方々に支援させていただきました。利用料支援は財団のボランティアが直接お母さまやお父さまにお目にかかってお渡ししています。お母さま方のご苦労を伺い、何とかもっとできることはないかと思い巡らせる毎日です。

記念日写真プロジェクト

「家族写真を撮りたい! 子どものポートレートを撮りたい! でも街の写真館に行くのは難しい」というご要望に応えて、プロの写真家のご協力を得て家族の写真を撮影し、プレゼントしています。すでにお申込みが35件あり、26人の方の撮影が終わっています。専用の写真台紙に入れて差し上げています。
キッズファム・カフェ 
「もみじの家」のダイニングで、お茶やコーヒーのサービスをしています。7月から12月までに26回開催しました。「自宅では座ってお茶を飲む時間なんてないです」「本格的コーヒーを飲んだのは久しぶり」と、とても喜んでいただいています。

キッズファム・カフェ

「もみじの家」のダイニングで、お茶やコーヒーのサービスをしています。7月から12月までに26回開催しました。「自宅では座ってお茶を飲む時間なんてないです」「本格的コーヒーを飲んだのは久しぶり」と、とても喜んでいただいています。

講演会・写真展示会の開催

重い病気を持つ子どもと家族について、一人でも多くの人に知っていただくために講演会と写真展示会を開催いたしました。昨年の12月7日(水)に「もみじの家」と共催で国立成育医療研究センター
講堂において、喜谷昌代財団理事長と内多勝康「もみじの家」ハウスマネージャーのお二人にお話をしていただきました。6ページに参加者に書いていただいた感想文が掲載されています。会員登録、ご寄付に感謝いたします!
財団の活動は会員の皆さまのご支援、ご寄付によって支えられています。12月までに、パートナー会員79名、サポーター会員43名のお申込みをいただき、そのほか58名の個人の方々からご寄付を頂戴しました。また、公益財団法人 原田積善会、公益社団法人 程ヶ谷基金、国際ソロプチミスト東京―麻布、首都開発株式会社、Tokyo Women’s Club、日本産業パートナーズ株式会社、日本女子大学児童学科縦の会、日本ポーセリンペインターズ協会、および日本製薬団体連合会加盟69社からご寄付をいただきました。厚くお礼申し上げます。

会員登録、ご寄付に感謝いたします!

財団の活動は会員の皆さまのご支援、ご寄付によって支えられています。12月までに、パートナー会員79名、サポーター会員43名のお申込みをいただき、そのほか58名の個人の方々からご寄付を頂戴しました。また、公益財団法人 原田積善会、公益社団法人 程ヶ谷基金、国際ソロプチミスト東京―麻布、首都開発株式会社、Tokyo Women’s Club、日本産業パートナーズ株式会社、日本女子大学児童学科縦の会、日本ポーセリンペインターズ協会、および日本製薬団体連合会加盟69社からご寄付をいただきました。厚くお礼申し上げます。

募金箱

募金箱の設置について、以下の方々からご協力をいただいています。
アトリエクラ、ベーカリー「ぐうちょきパン」、サロンド・マキ、サロン・ド・フラワー、美容室SHUZO、TAMS薔薇、津田整形外科、美容室Prea、美容室Mios、ビューティTAKAYAMA、ビューティープレイスKATO、美容室La.Mode、美容室フォレスト、マリー美容室、みのり鍼灸整骨院、美容室ジュネスクラブ、レストラン「つばさ」

はい、チーズ!

 「記念日写真プロジェクト」も回を重ね、キッズファム財団事務室の壁面に飾られた写真も賑やかになってきました。ご姉弟で手をつないでにっこり! ハロウィンの衣装でポーズ! 髪飾りもおしゃれな七五三の家族写真、どれも笑顔のあふれたすてきな写真です。ポートレートは台紙に貼り付けてプレゼント!
 多くの方に笑顔いっぱいの記念写真を差し上げたいと、ボランティア一同、キッズファム写真館でお待ちしています。